深川かりんとう

 

 江戸の頃、「深川かりんとう」が評判だったとの記述が残されている。


*明治期に活躍した玩具蒐集家の清水晴風は、幕末の行商人の絵姿を『街の姿 江戸篇』(太平書屋、昭和58年)

*三谷一馬『彩色江戸物売図絵』(中公文庫、平成8年)の中には、辻占紙片の入ったかりんとうを売る者が紹介されている、その内容は以下。


 「赤き大てうちんに、深川名物山口や、かりん糖と書たるを携へ、毎夜、町中至る所、此者を見ざるといふことなし。深川六間堀、山口屋にて売弘め、流行せし ものなり」とあるが、この山口屋のかりんとう売りは天保6、7年[1835、6]頃から明治35年頃まで活動しており、かりんとうを8文から24文位ずつ 袋に入れて販売したとの由。売り声は「かりんとう、深川名物かりんとう」から、明治になると「淡路島通う千鳥の恋の辻占、辻占なかのお茶菓子は花の便りが ちょいと出るよ。こうばしやかりん糖」へと変わり、明治33年頃には「深川名物ー。甘いーや。カリンー糖」と引っ張ってから、「本家山口屋カリン糖」と語 気をつめる呼び方になったという。